Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ahmad Jamal / LIVE AT THE MONTREAL JAZZ FESTIVAL 1985

何ものにもおもねらない禅僧のようなピアニスト

アーマッド ジャマル Live at the Montreal
Jazz Festival 1985,
Ahmad Jamal, 1986
ジャズ・ピアノ界の巨匠でありながら、大物との共演よりも、自らが率いるミニマルで小さなユニットの演奏にこだわったアーマッド・ジャマル。

1985年のモントリオール・ジャズ・フェスティバルでのライヴ・アルバムも、ジャマル級のビッグ・ネームを使わず、ピアノ、ベース、ドラム、パーカッションのカルテット編成。この2枚組LPの圧巻は、ファンキーな1曲目の“Yellow Fellow”。スウェーデンのベーシスト、Christian Paulin(クリスチャン・ポウリン)が書いた曲だけに、ベースのJames Cammack(ジェームス・キャマック)のプレイが冴え渡っている。彼はこのライヴ以降、アーマッド・ジャマル・トリオのメンバーとして定着した。

同タイプのB2 “Crossroads”やD1 “Footprints”では、ジャマルのピアノがもっと前面に出ているが、やはりドラム、パーカッション、ベースの掛け合いに心を奪われる。

このライヴ・アルバムの選曲は、最先端のファンキーな曲からオーソドックスなジャズまで非常に幅広い。しかし、アーマッド・ジャマルのピアノは、どの曲も禅のようにシンプルで、その音色は透き通るように美しい。

Producer: Ahmad Jamal, Laura Hess-Hay
1986年





Yellow Fellow - Ahmad Jamal
関連アーティスト