Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ヒップホップを経験した時代からみた、永遠に完成しないソウル&ファンクの大辞典。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Thelma Houston

一発の呪縛にとらわれた歌手人生


テルマヒューストン
【Happy Birthday, Thelma Houston! (1946/5/7)】 ミシシッピ州生まれのテルマ・ヒューストン。10歳の時にカリフォルニア州ロングビーチへと移る。若いときに結婚をし、ふたりの子どもをもうけた後に、ゴスペル・グループ、アート・レイノルズ・シンガーズのメンバーとしてデビューを果たした。 彼女の歌声に魅せられた…続きを読む


Johnnie Taylor / WHO’S MAKING LOVE

マルチな才能を持つシンガーの多面性を一気に楽しめる代表作


ジョニー・テイラー
【Happy Birthday, Johnnie Taylor! (1934/5/5)】 スタックス・レコードのアーティストの中でも、とりわけブルージーさに特色のあるジョニー・テイラー。だがゴスペル、ブルース、ノーザンソウル、サザンソウル、ファンク、ディスコとなんでも歌いこなす彼は、器用すぎて若干損をしているような気もする。 時代によって様々な…続きを読む


Joe Henderson / THE ELEMENTS

アリス・コルトレーンの魔法が効いたサイケなジャズファンク


ジョー ヘンダーソン
【Happy Birthday, Joe Henderson! (1937/4/24)】 1962年にケニー・ドーハムと出会い、プロとしてのキャリアをスタートして以来、あらゆる音楽的変遷を重ねてきたジョー・ヘンダーソン。マイルストーンから1973年にリリースされた本作では、魅力溢れるアバンギャルドでスピリチャルなジャズを展開している。…続きを読む


Bunky Green / THE LATINIZATION OF BUNKY GREEN

最高のモンド・パーティー・ミュージック


バンキー・グリーン
【Happy Birthday, Bunky Green! (1935/4/23)】 ヴォーカルにはなんとデルズが参加したジャズ・サックス奏者バンキー・グリーンの“The Latinization of Bunky Green(邦題:バンキー・グリーンのラテン化計画)”。このおかしな邦題は、作品の雰囲気をうまく言い表している。 バンキー・グリーンはチャーリー・パーカーに影響を受け、…続きを読む


Dusty Springfield / DUSTY… DEFINITELY

あの名作を上回る出来!? ブルーアイドソウルの裏名盤


ダスティ スプリングフィールド
【Happy Birthday, Dusty Springfield! (1939/4/16)】 ブルーアイドソウルの名盤といえば、ダスティ・スプリングフィールドがソウルの聖地のひとつ、メンフィスのAmerican Sound Studioで録音した“Dusty in Memphis(1969年)”がよくあげられるが、前年に発表された“Dusty… Definitely”の方が、彼女の本領は発揮されているよう…続きを読む

本日のソウル:

弾き語りに近いこのバージョンだと、よりイ・ジナの凄さが実感できる。彼女の体とピアノが全体で一つの楽器のよう。


Lee Jin Ah - Rum Pum Pum


ソウルの系譜:


駄々コラム