Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ヒップホップを経験した時代からみた、永遠に完成しないソウル&ファンクの大辞典。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Zapp / ZAPP

すべてにおいて衝撃的なファンクバンドのデビュー作


ザップ
【Happy Birthday, Roger Troutman! (1951/11/29)】 1980年、衝撃のメジャーデビュー作。オハイオ州生まれのトラウトマン兄弟を中心に結成された大編成のファンク・バンドで、70年代から自分たちのレーベルを興す等、独自の道を進んでいた。 古くからの知り合いで、ザップのライブにも参加していたブーツィー・コリンズが、…続きを読む


Gato Barbieri / FENIX

満開直前の美しいグルーヴ


ガトー バルビエリ
【Happy Birthday, Gato Barbieri! (1932/11/28)】 アルゼンチン人サックス奏者のガトー・バルビエリ。若い時から同郷のラロ・シフリンのオーケストラで鍛えられ、イタリアに居を移してからは、ドン・チェリーと出会い、フリージャズにのめり込んでゆく。1965年、ニューヨーク移住後は、正式にドン・チェリーと活動を…続きを読む


Jimi Hendrix Experience / ELECTRIC LADYLAND

ギターでタクトを振ったサイケデリック交響曲


ジミヘン
【Happy Birthday, Jimi Hendrix! (1942/11/27)】 ジミ・ヘンドリックスの中で最もぶっ飛んだアルバムなのに、唯一全米ナンバー1を獲得した作品。おそらくオーディエンスのことは念頭に置かず、ジミヘンがレコード芸術としてやりたいことに集中して、全てを詰め込んだのがこの『エレクトリック・レディランド』。…続きを読む


Ike & Tina Turner

天下無双のお下劣高等ファンキー・エンターテイメント


アイク&ティナ ターナー
【Happy Birthday, Tina Turner! (1939/11/26)】 ファンク界屈指のパフォーマー、アイク&ティナ・ターナー。そのエンターテイメントのクオリティの高さはジェームス・ブラウンをも凌ぐ。ティナ・ターナーとバックコーラス&ダンサーのアイケッツのパンツ丸出しの下品で楽しいパフォーマンスはソウル史上で間違いなくダントツの一位。…続きを読む


Percy Sledge / WARM & TENDER SOUL

サザンソウルの良心


パーシー・スレッジ
【Happy Birthday, Percy Sledge! (1940/11/25)】 Fame録音、1966年のデビュー・シングル「男が女を愛する時」のイメージがあまりにも強いパーシー・スレッジだが、同じ年に発表された2枚目のアルバム“Warm & Tender Soul”も、タイトル通り、とても暖かく切ないソウルを聞かせてくれる。 プロデュースは「男が女を愛する時」…続きを読む

本日のソウル:

ボブ・ジェームスが『One』でもカバーした70年代を代表するメロウな名曲“Feel Like Making Love(ロバータ・フラック)”をトリオで再カバー。


Bob James - Feel Like Making Love / Night Crawler


ソウルの系譜:


駄々コラム