Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Betty Wright & the Roots / BETTY WRIGHT: THE MOVIE

マイアミ・ソウルの女王の完全復活盤

Betty Wright Betty Wright: The Movie,
Betty Wright & the Roots, 2011
1956年、すでに2歳の時から兄弟で結成したゴスペルグループでデビューを果たし、プロとしてのキャリアを重ねていたBetty Wright(ベティ・ライト)。17歳の時には彼女の代表曲となる“Clean Up Woman(1971年)”を発表。以後、マイアミ・ソウルの女王として君臨してきた。

50年以上にわたり音楽業界で活動してきたベティ・ライトが、2011年、生音にこだわるヒップホップ・バンドThe Roots(ザ・ルーツ)と共演したのが、この“Betty Wright: The Movie”。ベテラン歌手と現役バリバリのアーティストの共演盤はよくあるが、ほとんどの場合、ベテラン歌手はお飾りで、サウンドがすべて準備された後に、歌を入れるだけというケースが多い。しかし、この作品ではベティ・ライトが積極的にサウンド作りにも関与している。というのも彼女は近年Joss Stone(ジョス・ストーン)等のプロデュース業でも実績をあげており、現役から遠ざかっていたわけではないからだ。本作にも全曲でソングライティングとプロデュースの両方で彼女の名前はクレジットされている。

一曲目のイントロはマイアミ・ソウルへの敬意を表したようなリズム・ボックスの音から始まる。その歌詞では、若いミュージシャンを諭すように古い音楽の良さを伝える。曲名はズバリ「オールド・ソングス」。サウンドも決して媚びておらず、自然体で演奏されているのがいい。また、ベティ・ライトのソウルフルな歌声と現代的な音との相性もいい。

“Baby Come Back”では、ベティとともに元タワー・オブ・パワーのLenny Williams(レニー・ウィリアムス)がリードヴォーカルでフィーチャーされている。

Betty Wright & the Roots(ベティ・ライト&ザ・ルーツ)のこのアルバムは、彼女の作品の中でもトップスリーに入る名作ではないだろうか。

Producer: Betty Wright, Ahmir “Questlove” Thompson, Angelo Morris
2011年





Old Songs - Betty Wright & the Roots
関連アーティスト