Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Blurt / IN BERLIN

サックスで怒鳴ったアヴァンギャルド詩人

ブラート In Berlin,
Blurt, 1981
中心人物は詩人兼操り人形師のTed Milton(テッド・ミルトン)。詩人としては60年代から活動しており、芸術活動の勢いが抑えきれずに70年代後半からサックスを手に取り、Blurt(ブラート)を1979年に結成する。ブラートとは、テッド・ミルトンの音楽プロジェクトであり、時代とともにメンバーは変わる。

このアルバムは1980年、ドイツ・ベルリンでのライヴを収めたデビュー作。テッド・ミルトンのバックは、ドラムとギターの超シンプル編成。そして時代はパンク真っ盛り。結成時には軽く30歳を超えていたであろうテッド・ミルトンだが、気持ちは完全にパンクロッカー。しかし、手にする楽器はサックス、そして歌詞にも同時代のパンクスより数十倍も気を使った。パンク+ジャズ+ポエトリーリーディングを一つにまとめたものがブラートのパフォーマンスであり、聴く音楽というよりは体験するための複合芸術だ。(ライヴでは人形劇が入ることもあるらしい。)

しかも、サウンドは編成通りの超シンプルなパンク・ジャズ。ジェームス・チャンス&ザ・コントーションズと比較されることもあるが、あちらは黒さにこだわったファンクを売りにしているが、ブラートに「黒さ」はほとんど感じない。テッド・ミルトンはおそらく、詩の表現手段を模索しているときに、パンクと出会い、その表現方法としてビートを活用したのだろう。パンクに衝撃を受けたのなら、普通ギターを持ちそうなものだが、詩人とジャズの親和性を考えると、サックスを持つのも自然に思える。

ブラートは、この作品以降10枚以上のアルバムをリリースしているが、ほぼ同じ姿勢を貫き続け、成熟することは全くなかった。ある意味、パンクス以上にパンクな親父である。

1981年





Cherry Blossom Polish - Blurt
関連アーティスト