Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Brainstorm / FUNKY ENTERTAINMENT

ディスコなのにファット・ファンク!!

Brainstorm Funky Entertainment,
Brainstorm, 1979
あまりにも節操なくあらゆるスタイルを取り入れてきたため、今以て確固たる評価を得ることができないBraintorm(ブレインストーム)。しかしその評価に答えを出すのがこの『ファンキー・エンターテイメント』。このタイトル通り、踊らすためなら手段を選ばないのが、このグループの持ち味なのだ。

A面に特に強く出ているディスコ色だが、こんなに重いグルーブ感を出せるディスコバンドがほかにあるだろうか! ディスコ・ビートの上に、時折見せるフュージョンのような感覚など、単なる踊る阿呆か、知的なバンドかはまったく判別不能。

B面になると、今度は最高級なファット・ファンク・バンドへと変貌する。B1“Popcorn”、B2“Funky Entertainment”と下半身むき出しのファンクネスには脱糞間違いなし。B3“You Put A Charge In My Life”のようなスローも難無くこなし、ラストは隠していたかのような、ファンキーホーン・プラス・リズムセクション炸裂のうちに終演を迎える。ちなみにA2 “A Case Of The Boogie”は意外にもSam Dees(サム・ディーズ)作。

ブレインストームの他作品も、非常にレベルが高いが(一般的にはあまり評価は高くないが)、猥雑さがモロに出てる本作が一番のお勧め。

Producer: Jerry Peters
1979年





Popcorn - Brainstorm
関連アーティスト