Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Brenda & the Tabulations / BRENDA & THE TABULATIONS

快楽に導かれる絶妙なぬるま湯沼BGMソウル

ブレンダ&ザ・タビュレーションズ Brenda & the Tabulations,
1971
1967年にデビューアルバム“Dry Your Eyes”をリリース、タイトル曲がR&Bチャート2位のヒットとなったフィラデルフィアのヴォーカル・グループ、ブレンダ&ザ・タビュレーションズ。成功はしたものの、メンバー間のゴタゴタが続き、フォロー作が続かなかった。その彼らがプロデューサーをヴァン・マッコイに変え、発表されたのがこの1971年のセルフタイトル作。

1970年代初期のヴァン・マッコイは、独自の生ぬるサウンドを作り上げており、この作品でも大いに力を発揮している。ヴァン・マッコイの味が最も出ているのはファーストアルバムにも収録されていた“Oh Lord, What Are You Doing to Me”。この歌は多くのアーティストが取り上げているが、ソウル、ポップス、イージーリスニング、ゴスペルの境界線を漂うブレンダ&ザ・タビュレーションズのユルユル感は他では味わえない。「ハッスル」で一世風靡した時よりも、ヴァン・マッコイは70年代初期の方が圧倒的に素晴らしい。

ブレンダ&ザ・タビュレーションズ本来の味が出ているのはバート・バカラック作の“Don’t Make Me Over”。ストリングスとギターの使い方にヴァン・マッコイを感じるが、メロディの良さを生かした名曲に仕上がっている。

密かなブレイクビーツ・ネタとしてはB2 “Scuze Uz Y’All”もオススメ。

Producer: Van McCoy
1970年





Don't Make Me Over - Brenda & the Tabulations
関連アーティスト