Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Dynamic Superiors / THE DYNAMIC SUPERIORS

何も隠さず奇を衒わず王道ソウルを貫いたグループ

ダイナミック・スーペリアーズ The Dynamic
Superiors,
1975
ワシントンD.C.の高校生5人が結成したダイナミック・スーペリアーズ。結成は1960年代前半と古いが、この“The Dynamic Superiors”が彼らにとってのデビューアルバム。10年以上もかかって、大メジャーレーベル、モータウンからのリリースにこぎつけた。そしてプロデュースはアシュフォード&シンプソン。

その苦労が報われ、このファーストアルバムにも収録された“Shoe Shoe Shine”がいきなり大ヒット。この曲は今でもスウィートソウルの名作としてファンに愛されている。

またリードヴォーカルのTony Washington(トニー・ワシントン)は、当時のメジャーレーベル所属のアーティストとしては珍しく(というかおそらく初めて)ゲイであることを隠すこともなく公にしていた。本作ジャケットのイラストでも彼だけ、バラと蝶で飾られ、派手な衣装に化粧をして描かれている。反発も受けたらしいが、モータウンは彼らの個性を活かす決断をしデビューとなった。

サウンドは奇を衒うこともなく、ひたすら王道ソウルを追求している。表も裏も知り尽くした旧知のグループらしく、堅実なハーモニーを聞かせてくれる。繰り返しループで聞くことのできる安定感あふれるソウル。

Producer: Nick Ashford & Valerie Simpson
1975年





Shoe Shoe Shine - Dynamic Superiors
関連アーティスト