Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Les Baxter / HELL’S BELLES (O.S.T.)

巨匠が放ったモンド・ファンクの怪作

レス・バクスター Hell's Belles,
Les Baxter, 1969
南太平洋やアフリカ等、世界中のエスニックの要素を取り入れたエキゾチカ・サウンドの大家で、ラウンジ・ミュージックの巨匠レス・バクスター。1950年代から活躍する彼が、全盛期を過ぎた1969年に残した非常にモンドでモッドなサウンドトラックがこの『ヘルズ・ベルズ』。

映画の内容は、バイクに燃える男と女たちの恋やバイオレンスを描いた、いわゆるB級もので、レス・バクスターのサウンドも巨匠とは思えないほど、若々しくファンキーで期待を裏切らない。丁度、時代はスライ&ザ・ファミリー・ストーンの台頭のように、ファンクとロックの境界線が曖昧になってきた頃で、スライより20歳近く年上のレス・バクスターだが、時代の波を、ヨレヨレながら、見事に乗り切っている。

音の成熟度でいうと20代の時に書いた代表作“Quiet Village(有名なのはマーチン・デニーのバージョン、元シンプリー・レッドの屋敷豪太が在籍したMelonもカバー)”の方が圧倒的に高いが、“Hell’s Belles”の胡散臭さの方が愛着を感じる。

Producer: Les Baxter
1969年





Wheels - Les Baxter
関連アーティスト