Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Mombasa / AFRICAN RHYTHMS & BLUES

ドイツ発のヴァーチャル系アフロジャズファンク

モンバサ African Rhythms & Blues,
Mombasa, 1975
米国人トロンボーン奏者Lou Blackburn(ルー・ブラックバーン)率いるアフロ・ジャズ・ファンク・バンド、モンバサ。ルー・ブラックバーンは、米国で活躍後、アフリカ滞在を経て、ドイツに渡っている。本作『アフリカン・リズムス&ブルース』はドイツでリリースされ、この時にはすでに50歳を超えていたらしい。

ルー・ブラックバーンは、自分たちの音楽を単にジャズと呼ばれることを嫌っていた。モンバサの音は、ジャズ、民族音楽、ブルース、スピリチュアル、労働歌、そして多様なリズムの複合体だと説明している。

そうは言ってもリズム隊は完全にアフロ系ジャズファンク。そこにブラックバーンの伸びやかなトロンボーンの音が加わると、全編アフロ一色なのに、どこかインドアな感じがする。なぜならアフリカ滞在経験があるとはいえ、モンバサの音はあくまでヴァーチャルなアフロであり、ヨーロッパの洗練されたスパイスも強く効いているからだ。この点がアフリカでも米国でもない彼らの個性となっている。音も知的で非常に整理されているように感じるが、録音からミックスダウンまでたった1日で完成したらしい。

Producer: H. Manfred Schmitz
1975年






Nairobi - Mombasa
関連アーティスト