Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Montclairs / DREAMING OUT OF SEASON

スウィートソウル「憂い」部門代表

モントクレアーズ Dreaming Out of Season,
Montclairs, 1972
セントルイス出身の男性五人組ヴォーカルグループ、モントクレアーズ。これが唯一のアルバムだと思うが、オリジナリティもあり、1972年作とは思えないような円熟度に驚く。他のスウィートソウル系は完熟直前の甘酸っぱさが売りのアーティストが多いが、モントクレアーズはもっと大人びた憂いがあり、80年代以降のメロウな音にも近い。

特筆すべきはリードヴォーカルPhil Perry(フィル・ペリー)の歌声。彼のハイトーン・ボイスは70年代のヴォーカルグループの中でもトップクラスではないだろうか。フィル・ペリーは曲も書いているが、時折バート・バカラックを想起するような哀愁あるメロディが登場して才能を感じる。

シングルカットされたタイトル曲“Dreaming’s Out of Season”は、彼らにしては珍しいフィリーソウル的な王道スウィートソウル。だがやはり独特の憂いがあり、抑えめの(そしてやや安っぽい)ギターのフレーズに心を奪われる。B1 “Beggin’ Is Hard To Do”では、意表をつく展開もあり、サウンドへのこだわりも感じる。ダンサーのB3 “Unwanted Love”では、スウィートとは違う、明るい側面も見せてくれる。

Producer: Keith Frye, Oliver Sain
1972年






Dreaming Out of Season - Montclairs
関連アーティスト