Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Oneness of Juju / AFRICAN RHYTHMS

名前通りの呪術的レアファンク

ワンネス・オブ・ジュジュ African Rhythms,
Oneness of Juju, 1975
バンド名をコロコロと変えたせいか、メジャーな世界では名を残すことができなかったが、レアグルーヴ界では結構有名なワンネス・オブ・ジュジュ。中心メンバーはJames “Plunky” Branch(ジェームス「プランキー」ブランチ)。彼自身も呼び名をいくつも持っているが、この『アフリカン・リズムス』では、何と読むのかも分からないPlunky Nkabinde(プランキー・ムカビンデ?)というアフリカっぽい名前を使っている。プランキーは主にサックス・プレイヤーとしてアヴァンギャルド・ジャズの世界で活躍しているが、本作ではその名の通りアフロ・ファンクに挑戦。Strata-East(ストラタ・イースト)に所属していたJuju(ジュジュ)の時代からアフリカだけには相当こだわっていたようだ。

『アフリカン・リズムス』でも呪術的な世界が繰り広げられてはいるが、ストラタ・イースト時代から一歩踏み出し、ポップさもかね備えるようになった。同時代のハービー・ハンコックの影響もあるのだろうか。

ヘッド・ハンターズ的な“Poo Too”もカッコいいが、レアグルーヴ的には、女性ヴォーカルが入ったタイトル曲“African Rhythms”と“Don’t Give Up”が光る。

Producer: Jimmy Gray, Plunky Nkabinde
1975年





African Rhythms - Oneness of Juju
関連アーティスト