Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Professor Longhair / ROCK’N’ ROLL GUMBO

30年の下積みを経て花開いたニューオーリンズの太陽

プロフェッサー・ロングヘア Rock'n' Roll Gumbo,
Professor Longhair, 1974
1940年代からニューオーリンズで活動を開始し、シングルを何枚か残し、それなりにヒットもしていたが、大ブレイクには至らなかったプロフェッサー・ロングヘア。1960年代にはギャンブルに溺れ、音楽業界の表舞台から一度姿を消している。

しかし1970年になると幾つかの音楽フェスに出演するようになり、耳の肥えた音楽ファンの注目を集めるようになる。

非常にニューオーリンズらしい音楽を奏でるプロフェッサー・ロングヘア。リズムの坩堝の都市らしく、ルンバ、ブギー、ブルース、ロックンロール、カリプソ、カントリー等がミックスされた彼のサウンドは底抜けに明るく、まさしく音楽フェスやカーニバル向き曲ばかりだ。この『ロックンロール・ガンボ』もこうしたリズムで溢れており、プロフェッサー・ロングヘアを代表する一枚である。

ようやく音楽界の第一線で活躍しだしたプロフェッサー・ロングヘアだったが、残念ながら1980年に、心臓発作で亡くなっている。

Producer: Philippe Rault
1974年





Tipitina - Professor Longhair
関連アーティスト