Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Rick James / STREET SONGS

スーパースターの要素をすべて兼ね備えた男

Rick James Street Songs,
Rick James, 1981
リック・ジェームスは、間違いなく天才だった。作曲センスがあり、超一流のベーシストでありながら、その他の楽器もこなし、Teena Marie(ティーナ・マリー)を成功に導いたプロデューサーでもある。そのうえルックスもよかった。

しかし、素行があまりにも悪かった。女癖が悪く、ドラッグや暴力は当たり前。警察沙汰には何回もなり、音楽活動を停止することも度々だった。

そんなリック・ジェームス最大のヒット作がこの『ストリート・ソングス』。このアルバムに収録されている曲は、あらゆるアーティストにサンプリングされまくっていることでも有名だ。一曲目のベースラインが印象的な“Give It to Me Baby”は、R&Bチャート1位を記録。続く“Ghetto Life”はBusta Rhymes(バスタ・ライムス)の“In the Ghetto”に使われている。

このアルバムで最も有名な曲はB1の“Super Freak”だろう。リック・ジェームスのオリジナル版も大ヒットしたが、それ以上にヒットしたのが、MC Hammer(MCハマー)がモロにサンプリングした“U Can’t Touch This”。MCハマーのコミカルなダンスともに、この曲は受けに受け、社会現象にまでなっている。

音楽的に多くのアーティストに影響を与えたリック・ジェームスだったが、荒れ果てた私生活がたたり、56歳の若さで亡くなっている。

Producer: Rick James
1981年





Give It to Me Baby - Rick James
関連アーティスト