Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Wolfgang Dauner Group / RISCHKAS SOUL

ドイツ × ジャズ × ソウル = 自由

ウォルフガング・ダウナー Rischkas Soul,
Wolfgang Dauner Group,
1970
なんともモッドなオルガン・サウンドで始まるドイツのジャズピアニスト、ウォルフガング・ダウナーの“Rischkas Soul”。A1 “Reading Machine”に続くA2 “Kamasutram”は、サイケデリックなチェロが狂うロック色の強い曲。と思えばA3 “Blues Far Out”はモッドな世界に逆戻りと思うと、ギターはサイケデリック・ジャズのようなサウンドで少し狂っている。

B面に移ってB1 “Jive Samba”は、ジャズでもサンバでもないけどポップでクレイジーな世界。B2 “Flute-Woman”は、ダウナーが吹くフルートやギターが喋るようにソロを担当する不思議な曲。ラストの“Blues Far Out”は、この流れで聞くと非常に素直なモッド・ジャズ。

全ての曲に共通するのは楽しいということ。ソウル・ジャズがドイツに渡るとこんなにも狂い、しかしロンドンの風を受けてオシャレにもなった。70年代のドイツ音楽は非常に面白くて奥深い。

(このアルバムは何回か再発されており、ジャケットや曲順がその度に変わっていますが、一番有名な1972年にリリースされた黄色いジャケットのバージョンで曲を記載しています。)

Producer: Horst A. Rischka
1970年





Reading Machine - Wolfgang Dauner Group
関連アーティスト