Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Honey Drippers

誰もが知ってるあのブレイクビーツを生み出した超無名バンド

ハニードリッパーズ Impeach the President,
Honey Drippers, 1973
The Notorious B.I.G.(ノートリアス・B.I.G.)、Nas(ナズ)、De La Soul(デ・ラ・ソウル)、LL Cool J(LL・クール・J)、2Pac(トゥパック)、Boogie Down Productions(ブギー・ダウン・プロダクションズ)、N.W.A.の共通項とは?

それは、この全員がHoney Drippers(ハニー・ドリッパーズ)の“Impeach the President”をサンプリングしているということだ。彼らだけではなく、この曲は数え切れないほど多くのヒップホッパーに愛された。イントロのブレイクビーツは、ヒップホップで最もよく聞くフレーズのうちのひとつだ。

ハニー・ドリッパーズとは、“Shotgun Wedding”で有名なRoy C(ロイ・C)が発掘したニューヨークの高校生によるバンドで、彼が興したレーベルAlaga(アラガ)で使うバックバンドとして採用された。“Impeach the President”は、ハニー・ドリッパーズ名義のシングル盤として1973年にリリースされているが、作曲・プロデュースはともにロイCであり、B面のタイトルも、“Roy C.’s Theme Song(「ロイCのテーマソング」。この曲もカッコイイ)”であることからも、実質的にはロイCの作品といっても間違いない。

ドラムが印象的な「インピーチ」だが、当初ロイCは、このドラムこそがハニー・ドリッパーズの最大の弱点だと感じていた。そこで、何度も何度もドラマーの個人レッスンを繰り返し、苦心の末、ようやくこのフレーズにたどり着いたという。

数百人のアーティストに使われた“Impeach the President”だったが、ロイC本人は、ジャネット・ジャクソンの1993年の大ヒット曲“That’s the Way Love Goes”を聞くまで、自分の曲がこんなにサンプリングされていることを、全く知らなかったらしい。





Impeach the President - Honey Drippers
関連アーティスト