Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ananda Shankar / ANANDA SHANKAR

シャンカール一族のサイケデリック爆弾

Ananda Shankar Ananda Shankar,
Ananda Shankar, 1970
その名の通りシタール奏者Ravi Shankar(ラヴィ・シャンカール)と血縁があり、甥にあたる。Nora Jones(ノラ・ジョーンズ)とはいとこにあたるが、年は30歳以上離れている。

1970年発表の本作はアナンダ・シャンカール28歳のときの作品。彼もシタール奏者だが、この作品のアプローチは叔父とは全く異なる。60年代後半にサイケデリック文化満開の米西海岸へ行き、Jimi Hendrix(ジミ・ヘンドリックス)等とプレイをした影響か、ロック、サイケ、ファンク、インドがごちゃ混ぜになった、なんとも気持ちのいい音を出している。ローリング・ストーンズの“Jumpin’ Jack Flash”やドアーズの“Light My Fire”のカバーも収録されており、これがまたいい! 一番のオススメは“Raghupati”。まるでストーンズの“Sympathy for the Devil(悪魔を憐れむ歌)”のインド版のような曲で、その呪術的なサウンドにディープトリップしてしまいそうだ。

1975年発表の“Ananda Shankar and His Music”もレア・グルーヴ的な観点から要注目。“Street of Calcutta”にはぶっ飛ぶ。

Producer: Alex Hassilev
1970年





Jumpin' Jack Flash - Ananda Shankar
関連アーティスト