Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Angela Bofill / ANGIE

ラテン系才媛と良質フュージョンの出逢い

アンジェラ・ボフィル Angie,
Angela Bofill, 1978
キューバ人の父とプエルトリコ人の母の元に生まれたアンジェラ・ボフィル。ブロンクスで育った彼女は、ラテン音楽とブラック・ミュージックに囲まれた環境の中で、クラシック音楽を学んだという。

本作“Angie”は、アンジェラ・ボフィルにとってのデビュー作。プロデュースはフュージョン系のサウンドで人気のあったDave Grusin(デイヴ・グルーシン)とLarry Rosen(ラリー・ローゼン)で、リリースは彼らのGRP Records(GRPはグルーシン・ローゼン・プロダクションズの略)。

バックを務めるのは、デイヴ・グルーシンのキーボードはもちろんのこと、ギターにエリック・ゲイル、ドラムにスティーヴ・ガッド、フルートとベースにデイヴ・ヴァレンタイン(アンジェラ・ボフィルの友人らしい)、パーカッションにラルフ・マクドナルド、サックスにマイケル・ブレッカー、バック・ヴォーカルにグウェン・ガスリーとパティ・オースティンと飛ぶ鳥を落とす勢いの人ばかり。

彼らの極上メロウのフュージョン・サウンドと、アンジェラ・ボフィルのラテン・ジャズとブラック・ミュージックがミックスしたノリは相性抜群。まさに様々な要素が混じり合ったこの時代のフュージョンを代表する内容のヴォーカル・アルバム。

Producer: Dave Grusin, Larry Rosen
1978年





The Only Thing I Would Wish For - Angela Bofill
関連アーティスト