Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Blue Magic / BLUE MAGIC

安定感抜群のハーモニーで70年代フィリーソウルを堪能

Blue Magic Blue Magic, 1974
フィラデルフィアを代表するヴォーカル・グループのひとつであるBlue Magic(ブルー・マジック)。録音はもちろんSigma Sound Studios(シグマ・サウンド・スタジオ)、バックはハウスバンドであるMFSB、プロデュースはA4を除きNorman Harris(ノーマン・ハリス)と、アップからスローまで70年代フィリーソウルの至極のハーモニーを十分堪能できる。

1曲目の“Sideshow”はブルー・マジックの代表曲であり、R&Bチャート1位・ポップチャート8位を記録した美しいバラード。続く“Look Me Up”は、アルバム・リリース前にシングルとして発売されており、ノーマン・ハリスは、ブルー・マジックにはアップテンポも歌いこなす実力があると見込み、力を入れたという曲。

それでもやはりブルー・マジックが最も輝くのはバラードだ。「サイドショー」以外にも、デビューシングルの“Spell”や“Stop to Start”等は、フィリーならではの甘酸っぱいソウルを体験させてくれる。Vince Montana(ヴィンス・モンタナ)がアレンジを手がけた“Answer to My Prayer”も、珍しいタイプの気持ちいいミドル。

Producer: Norman Harris, Alan Rubens, Steve Bernstein
1974年





Sideshow - Blue Magic
関連アーティスト