Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Dave Pike Set / NOISY SILENCE - GENTLE NOISE

タイトルに偽りなし! 穏やかに責められる快感

デイヴ パイク Noisy Silence -
Gentle Noise,
Dave Pike Set, 1969
ドイツのジャズ専門レーベルMPS Records時代のデイヴ・パイク・セットの代表作“Noisy Silence - Gentle Noise”。「耳障りな静寂と穏やかなノイズ」という題名にふさわしい、穏やかに脳を締め上げ快楽に導くサウンドで溢れている。ジャズ専門レーベルといっても、MPSは扱うジャズの範囲が幅広いので、デイヴ・パイクものびのびと個性的な音作りに励めたようだ。

ジャズ・ヴィブラホン奏者であるデイヴ・パイクは、これまでボサノバ・テイストな曲などの比較的穏やかなジャズを中心に演奏してきたが、デイヴ・パイク・セットでは、時代的にサイケデリックやアヴァンギャルド、ファンク等が勢いを増していた時期なので、混沌としたサウンドを残している。

“Noisy Silence - Gentle Noise”を代表する曲は、何といっても“Mathar”だろう。インドのシタール前面に出したラーガ・ジャズでありながら、ブレイクビーツ炸裂の完全なダンスミュージック。このあたりが今でも人気が高い理由だろう。この曲はカバー曲かと思ったが、デイヴ・パイク・セットのギターで、サウンドの中心でもあるドイツ人のVolker Kriegel(ヴォルカー・クリーゲル)が作曲とシタールを担当している。

“I’m On My Way”も名作だ。ここではヴォルカー・クリーゲルがオーソドックスなギターソロを披露しているが、カッティングが尋常ではない。穏やかな曲調なのに、どこか刺激的なのはアルバム・タイトル通り。

タイトルに偽りなしの怪作!

Producer: Joachim E. Berendt
1969年





Mathar - Dave Pike Set
関連アーティスト