Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Edikanfo / THE PACE SETTERS

ブライアン・イーノが再発見したガーナのスーパーファンクバンド

Edikanfo The Pace Setters,
Edikanfo, 1981
Talking Heads(トーキング・ヘッズ)の“Remain in Light”でアフロビートを大胆に導入して世界を驚嘆させたBrian Eno(ブライアン・イーノ)。当時アフリカに魅せられていたイーノがガーナで見つけたのが、このEdikanfo(エディカンフォ)だ。

この作品のいいところは、ブライアン・イーノが音づくりにあまり参加していない点。イーノは、レコーディングとミックスに集中していたようで、現地の雰囲気を消すことなく、ガーナでレコーディングされているのに、録音状態もいい。

ホーンセクションと独特のリズム感が、このバンドの持ち味だが、サウンドは意外に幅広い。オススメのトラックはアメリカのファンクの影響も強く感じるA1“Nka Bom”。ハイハットの入り方がフィリーやハウス的でもある。A3の“Gbenta”は逆にアフロビートが前面に出ていてカッコいい。キーフレーズに続いて、ジャズのようにトランペットやキーボード、ベースのソロまで入り心地いい。B1の“Blinking Eyes”は、Kool & the Gang(クール&ザ・ギャング)やディスコっぽくもあり、旧式のシンセドラムの音が入って、時代は感じるが、独特の疾走感もある。

これほどいい作品を残したのに、欧米でリリースされているのはこの一枚だけらしい。

Producer: Brian Eno, Faisal Helwani
1981年





Nka Bom - Edikanfo
関連アーティスト