Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Futures / CASTLES IN THE SKY

運に見放されたスーパー級のヴォーカル・グループ

フューチャーズ Castles in the Sky,
Futures, 1975
ソウルフルなヴォーカルと、美しいファルセットを併せ持ち、曲にも恵まれていたのに、なぜか大スターの座につけなかったフューチャーズ。フィラデルフィアでギャンブル&ハフのプロデュースによりシングルはリリースしているが、チャンスには恵まれず、アルバムはこのBuddah Reocords(ブッダ)でのデトロイト録音が初めて。

このアルバムは当時Don Davis(ドン・デイヴィス)が所有していた伝説のユナイテッド・サウンド・システム・スタジオでレコーディングされた。ドン・デイヴィス自身もプロデュースを手伝っている。メンバーはほぼデトロイトで揃えられているが、プロデュースと作曲は、フィラデルフィア時代から知り合いの下記の5人。

全曲素晴らしいが、あえてオススメを絞ると、彼らの代名詞でもあるスウィートソウルではA2 “(Love Lives on a) Windy Hill”とA4 “Super Love”。それぞれのメンバーのレベルの高さを体感できる。新しい試みではA1 “Castles”もいい。フィリーとデトロイトのいい部分がミックスされており、なかなかないタイプの曲。フィリーソウルを堪能するならA3 “Don’t Close the Book”がいいだろう。

70年代ソウルを代表するヴォーカル・グループとして、もっとも評価されてもいいはずだ。

Producer: Jerry Akines, Jimmy Bishop, Johnny Bellmon, Reginald Turner, Victor Drayton
1975年





Super Love - Futures
関連アーティスト