Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ

Don Davis

北と南の両方で名作を残したプロデューサー

ドンデイヴィス Friday Night,
Steve Mancha, 1966
名前の通り、まさしくデトロイトのドンであるDon Davis(ドン・デイヴィス)。生まれも育ちも生粋のデトロイトっ子。ノーザン・ソウル・ファンには涎もののレーベル“Groovesville(グルーヴズビル)”のプロデューサーとして多くの名作を残す。

キャリアのきっかけは、ギタリストとしてMotown Records(モータウン)のレコーディングに参加したことから。名曲“Money”にも参加しているらしい。

彼の作曲家・プロデューサーとしての才能が世に広く知られるようになるのはモータウンを離れてから。Golden World(ゴールデン・ワールド)、Ric-Tic(リック・ティック)等を経て、自身のレーベル“Groovesville”を設立し、一気に開花する。短い期間だったが、この伝説的レーベルで、Steve Mancha(スティーブ・マンチャ)やJ.J. Barnes(JJ・バーンズ)等、モータウンとはひと味違う良質なデトロイトソウルを量産していた。

商業的にはまだそれほど成功していなかったが、彼の名声はメンフィスまで届いていた。60年代後半にはStax Records(スタックス・レコード)に誘われ、Isaac Hayes(アイザック・ヘイズ)、Mavis Staples(メイビス・ステイプル)、Johnnie Taylor(ジョニー・テイラー)、Dramatics(ドラマティックス)らの作品を制作している。

ドン・デイヴィスのもうひとつのソウル界への貢献は、United Sound Studios(ユナイテッド・サウンド・スタジオ)を1971年に買収して、このスタジオからアイザック・ヘイズの名作“Hot Buttered Soul”をはじめ数多くの名作を生み出したことだ。George Clinton(ジョージ・クリントン)は、このスタジオを拠点としてPファンクの名作の数々を生んだ。またジョージ・クリントンが見いだしたRed Hot Chili Peppers(レッド・ホット・チリ・ペッパーズ)のメジャーデビュー作がレコーディングされたのもこのスタジオである。





Baby Please Come Back Home - J. J. Barnes
関連アーティスト