Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Darrell Banks / DARRELL BANKS IS HERE!

非業の死を遂げたノーザンソウルのスター

ダレル・バンクス Darrell Banks Is Here!,
1967
ディープな歌いっぷりでありながら、軽快なノーザン・ビートもよく似合うDarrell Banks(ダレル・バンクス)。代名詞といえるB1 “Open the Door to Your Heart”は、ダレル・バンクスの特質をよく表した一曲であり、今でもノーザン・ソウル・シーンで大人気だ。このシングルのリリースはデトロイトのRevilot Records(レヴィロット)。このレーベルにはGeorge Clinton(ジョージ・クリントン)のParliaments(パーラメンツ。この当時は“s”が付いていなかった)も所属しており、『オープン・ザ・ドア・トゥ・ユア・ハート』のシングルB面に収録された“Our Love (Is in the Pocket)”は、ジョージ・クリントンの作品(このアルバムのA5にも収録)。この“Our Love…”もノーザン・ソウルで人気の曲。

声にパワーがあるのでバラードも聞きごたえがある。A3 “I’m Gonna Hang My Head and Cry”では、サザンソウル張りの熱唱だ。ミドルのB4 “Baby What’cha Got (For Me)”では、Otis Redding(オーティス・レディング)を彷彿とさせる。

将来を嘱望されていたが、1970年、別れ話をしていた恋人が、他の男といるところを発見し、ダレル・バンクスが逆上。その男に銃を向けたところ、逆に銃弾を受け射殺されてしまった。その男は非番中の警官だった。

Producer: Don Davis
1967年





Open the Door to Your Heart - Darrell Banks
関連アーティスト