Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

George Freeman / FRANTICDIAGNOSIS

心地よくトチ狂う家庭人

ジョージ フリーマン Franticdiagnosis,
George Freeman, 1972
1940年代からジャズ・ギタリストとして活躍し、チャーリー・パーカー、リチャード・グルーヴ・ホルムズ、ジミー・マクグリフ等、数多くの大物たちと共演してきたジョージ・フリーマン。誰もがその才能を認める存在だったが、彼はお家が大好きで家族との生活を何よりも大切に考えていた。そのためツアーにはほとんど出ず、家から通える地元シカゴでの活動が中心だったため、一般的な知名度が高まることはなかった。

アルバム・タイトル“Franticdiagnosis”を無理に訳せば「トチ狂った(ジャズ)分析」とでもなるだろうか。基本はオーソドックスで1972年にしてはやや古いジャズがベースになっているが、ジョージ・フリーマンのこなし方がトチ狂っている。このアルバムが出た時点で彼は40代中盤を迎えた大ベテランだったが、まるで若者のようにがっついた感じを前面に出してギターを弾いている。

ジョージ・フリーマンの狂気をアープ・シンセで後押ししているのはチャールズ・アーランド。オルガンのシーザー・フレイジャーもフリーマンに負けないぐらい弾きまくっている。

それでもアルバム全体が見事にまとまっているのは、大ベテランであり、地元シカゴから飛び出ることもなく、家庭を愛したジョージ・フリーマンだからこそか。音楽の神様に魂を売らない彼の狂気は非常に心地いいのだ。

Producer: Sonny Hopson
1972年





The Bump - George Freeman
関連アーティスト