Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gladys Knight & the Pips / STANDING OVATION

ソウルヴォーカルのマエストロ

グラディス ナイト Standing Ovation,
Gladys Knight &
the Pips, 1971
モータウン関連のアーティストにしては、60年代から渋い歌が多かったグラディス・ナイト&ザ・ピップス。“Standing Ovation”も、派手さはないが、歌のうまさには定評あるグラディス・ナイトの本領が十分に発揮された作品だ。70年代に深い精神性を表現するようになったソウルミュージックの流れにのり、味わい深い作品に仕上がっている。

収録曲のほとんどはゆったりとしたグルーヴで、彼女の歌を堪能できるように作られている。サイモンとガーファンクルの“Bridge Over Troubled Water”やビートルズの“The Long and Winding Road”のカバー等、比較的目立つ曲もあるが、聞き所はむしろそれ以外の曲。

グラディス・ナイトをしっかり味わうなら、A1 “Make Me the Woman That You Go Home to”、A2 “Can You Give Me Love with a Guarantee”、A4 “Master of My Mind”。彼女の可愛らしさが出た曲ならB1 “It Takes a Whole Lotta Man for a Woman Like Me”。ノリのいい曲ならB4 “If You Gonna Leave (Just Leave)”とB5 “No One Could Love You More”。ライターとしてLeVerne Ware(グロリア・ジョーンズのペンネーム)がA4とB5で、Johnny Bristol(ジョニー・ブリストル)がA2とB1で参加している。

Producer: Clay McMurray, Johnny Bristol
1971年





Make Me the Woman That You Go Home to - Gladys Knight & the Pips
関連アーティスト