Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gladys Knight & the Pips / CLAUDINE (O.S.T.)

カーティス・メイフィールド番外編

グラディスナイト Claudine (O.S.T.),
Gladys Knight &
the Pips, 1974
同名映画のサウンドトラックであるGladys Knight & the Pips(グラディス・ナイト&ザ・ピップス)の“Claudine”。Motown(モータウン)の黄金期を支えた彼らだが、この作品は1974年にCurtis Mayfield(カーティス・メイフィールド)のCurtom(カートム)からリリースされている。つまり作・プロデュースはすべてカーティスなので、グラディス・ナイト&ザ・ピップスの作品というよりは、カーティス・メイフィールドの番外編といった方が的確かもしれない。

全編どこを切ってもサウンドはカーティス・メイフィールドの世界だ。しかし、同じサウンドトラックの“Super Fly”に溢れているヒリヒリするような緊張感というよりは、どちらかというと時代のやるせなさや叙情的なムードに傾いており、グラディス・ナイトの歌声が活きるアレンジになっている。

このアルバムからはA3の“On and On”が大ヒットしているが、全体としては決して派手な作品ではない。それでも一曲目の“Mr. Welfare Man”からラストの“Make Yours a Happy Home”まで、サウンドトラックだということを感じないほど渋く心地よい曲で占められている。カーティス自身もリリースしているA4の“The Making of You”は、50 Centの“I’ll Do Anything”でサンプリングされている。

カーティス・メイフィールドの奥深さとグラディス・ナイトのうまさを感じることができる佳作。

Producer: Curtis Mayfield
1974年





Mr. Welfare Man, Gladys Knight & the Pips
関連アーティスト