Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gloria Scott / WHAT AM I GONNA DO

メロディーの良さを追求した上質なブラックミュージック

グロリア・スコット What Am I Gonna Do,
Gloria Scott, 1974
Barry White(バリー・ホワイト)独特のロマンチックなストリングスに、しっとりとからむグロリア・スコットの落ち着いた歌声。ソウルフルではないが、メロディーの美しさを追求した意外にないタイプのブラックミュージックがこの“What Am I Gonna Do”。

上品な作風に似合わず、その経歴は意外にファンキー。プロになるきっかけはサンフランシスコでSly Stone(スライ・ストーン)に会ったことだという。スライは彼女のためにGloria Scott & the Tonettes(グロリア・スコット&ザ・トネッツ)というグループを結成し、1964年に“I Taught Him”という曲を残している。その後はIke & Tina Turner(アイク&ティナ・ターナー)のコーラス隊Ikettes(アイケッツ)に加入。超ファンキーなステージを盛り上げた。70年代に入ってからバリー・ホワイトと出会い、このアルバムに至る。

オススメはメロウなミドルのA1 “What Am I Gonna Do”、B2 “That’s What You Say (Everytime Yo’re Near Me)”、B3 “(A Case of) Too Much Lovemakin’”。

非常に上質なアルバムだが、商業的には成功せず、グロリア・スコットはこのアルバムしか残していない。

Producer: Barry White
1974年





What Am I Gonna Do - Gloria Scott
関連アーティスト