Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Barry White

ディスコ時代の到来を告げた超強面「愛のマエストロ」

バリーホワイト Can’t Get Enough,
Barry White, 1974
暗闇で不意に出会ったら無条件で財布を手渡してしまいそうなほど強面なルックスに似合わず、ロマンティックな作品を多数残したバリー・ホワイト。彼のソロ以外にも、オーケストラを導入したLove Unlimited Orchestra(ラブ・アンリミテッド・オーケストラ)や、その女性ヴォーカル版Love Unlimited(ラブ・アンリミテッド)でもヒット作をたくさん残している。

ロサンゼルスの犯罪多発地域で育った彼は、10代の頃に窃盗で捕まり、刑務所に入れられた。その時聞いたエルヴィス・プレスリーの曲に啓示を受け、心を入れ替えたという(ことになっている…)。

出所後はギャング団から足を洗い、音楽業界に進む。大ブレイクのきっかけは女性3人組ラブ・アンリミテッドの成功だ。バリー・ホワイトがプロデュース・作曲を担当した彼女らのデビュー作“From a Girl’s Point of View We Give to You… Love Unlimited(1972年)”は、100万枚を超える大ヒットとなり、その中からシングルカットされた“Walking In the Rain with the One I Love”は全米チャート14位まで上昇した。

翌年には彼女らのバックバンドとして、ソウルバンドとオーケストラを合体させたラヴ・アンリミテッド・オーケストラを結成。総勢40名からなるこのバンドは、自らの名義でレコードも制作し、ディスコ時代の到来を告げる名曲“Love’s Theme”を発表している。

バリー・ホワイトは、プロデューサー業だけではなく、ソロアーティストとしても大成功している。当初は男性ヴォーカルのプロデュースを考え、デモテープを作っていたが、その音を聞いたスタッフからソロとしてデビューするように勧められる。

彼のソロ作はなんと、デビューアルバムの“I’ve Got So Much to Give(1973年)”から、“Stone Gon’(1973年)”、“Can’t Get Enough(1974年)”、“Just Another Way to Say I Love You(1975年)”まで4作連続でR&Bチャート1位を記録している。特に3作目の“Can’t Get Enough”は名盤として知られており、その中から“Can’t Get Enough of Your Love, Babe”と“You’re the First, the Last, My Everything”の大ヒットシングルが出ている。

デビューの時は、いやいやだったというが、プロデューサとして、作曲家として、そしてソロアーティストとして大成功を収めると、いやらしいほど大スター然としたライブを行い、女性ヴォーカルのラブ・アンリミテッドと、オーケストラのラブ・アンリミテッド・オーケストラの両方を引き連れ、各地で一大ショーを繰り広げた。






Never Gonna Give You Up - Barry White
関連アーティスト