Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gene Page / HOT CITY

感傷的なメロディと鞭打つようなリズムのギャップが快感

ジーン・ペイジ Hot City,
Gene Page, 1974
いくらかつて人気があったとはいえ、今時こんなに甘ったるいのに妙な渋さもあるムード・ディスコとともいえそうな音楽を好きな人が、自分以外にいるのだろうかと思いつつ、CDで再発されているところをみると、世界には同じような人が結構いるんだなぁと安心の指標となるジーン・ペイジの『ホット・シティ』。

しなやかなストリングスのアレンジに定評があるだけに、この作品でも佳麗かつ極上のサウンドを聞かせてくれる。プロデュースは、いつもコンビを組んでいたバリー・ホワイト。当然リズムは非常にタイト。バリー・ホワイトもそうだが、ストリングスの美しいメロディと、鞭打つような強力なリズムとのアンバランスさが、この人たちの魅力。バリー・ホワイトは野太い声を前面に出しているので、もっと男臭がプンプンと漂っているが、ジーン・ペイジのこのアルバムは、インストなので人間臭さはなく、大都市の上をパラグライダーで滑空しているような感覚。ラヴ・アンリミテッドをさらに極端に描いたようなイメージか。

ギターで参加しているのがデイヴィッド・T・ウォーカー、ワー・ワー・ワトソン、レイ・パーカー・ジュニアとやけに豪華。

Producer: Barry White
1974年





All Our Dreams Are Coming True - Gene Page
関連アーティスト