Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Roy Porter Sound Machine / INNER FEELINGS

年寄りの冷や水から生まれた超刺激的怪作

ロイ ポーター Inner Feelings,
Roy Porter
Sound Machine, 1975
Chick Webb(チック・ウェッブ)に憧れてドラムの道を目指す決意をしたというロイ・ポーター。40年代からロサンゼルスを拠点にして、チャリー・パーカー、エリック・ドルフィー、アート・ファーマー等の大物たちとセッションを重ね、ジャズ界の王道を歩んだ。しかし50年代にドラッグ問題で一線から退くことになる。

なんだかカッコよさげなこのロイ・ポーター・サウンド・マシーンは、60年代後期からスタートした彼のソロプロジェクトだが、サウンドはジャズ界の大物だった人だとは思えないほど胡散臭くB級感漂うもの。ロイ・エアーズの「コフィ」に近い感覚もある。ドラムはどうやらおいしいところを中心に叩いているようで、二人も別にドラマーを用意している。A2 “Love You”、名作A4 “Jessica”では、ロイ・ポーターはヴォーカルにまで挑戦しており、独特のヘタウマな喉を披露している。これがまたこのアルバムの胡散臭さを増している。

それでもこのアルバム“Inner Feelings”は、長年にわたりディガー心をくすぐり続け、CD再発までアナログ盤に恐ろしい高値がつけたこともあった。ジャケットデザインやタイトルには微塵もセンスを感じないが、音だけは本物。全曲スルメのような味だらけで、捨て曲なしの裏名作。

栄光の40年代よりも、70年代のロイ・ポーター・サウンド・マシーン名義の方が、時代性と酸いも甘いも噛み分けた機微が音に表れていていいと思うが、残念ながら健康上の理由で1978年に表舞台から再び姿を消した。

Producer: Arne Frager, Roy Porter
1975年





Jessica - Roy Porter Sound Machine
関連アーティスト