Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Royalettes / IT’S GONNA TAKE A MIRACLE

スウィートソウルの原型はもしかしたらこの女性4人組?

ロイヤレッツ It's Gonna Take a Miracle,
Royalettes, 1965
ボルチモアの女子高生ロス姉妹と従姉妹・友人で結成されたロイヤレッツ。この作品は彼女らの二大代表曲“It’s Gonna Take a Miracle”“I Want to Meet Him”収録のデビューアルバム。ロイヤレッツにソウルフルな熱さは、ほとんど感じないが、ポップスとソウルの間を彷徨う「ドリーミー・ソウル」感は、彼女らならではのものだ。

最も有名な“It’s Gonna Take a Miracle”は、Laura Nyro(ローラ・ニーロ)やDeniece Williams(デニース・ウィリアムズ)のカバーの方が有名かもしれないが、オリジナル版もドラマチックな展開が感動的で、単なるアイドル・グループではないオーラが漂っている。

ロイヤレッツのサウンドに欠かせないのが、プロデューサーTeddy Randazzo(テディ・ランダッゾ)の存在だ。元々ロックンロール界のスターだったが、1960年代中盤からプロデュースを手掛け、Little Anthony & the Imperials(リトル・アンソニー&ザ・インペリアルズ)の名曲“Goin’ Out of My Head”や“Hurt So Bad”でトッププロデューサーの仲間入りをした。

リトル・アンソニー&ザ・インペリアルズのこうした曲をさらにゴージャスにしたのが、このロイヤレッツのアルバムだ。“It’s Gonna Take a Miracle”もインペリアルズのために用意された曲だったが、契約でもめたため急遽ロイヤレッツに提供された。その結果、どの曲の出来も素晴らしく、元祖スウィートソウルとでも呼べそうな傑作が誕生したのだ。

Producer: Teddy Randazzo
1965年





It’s Gonna Take a Miracle - Royalettes
関連アーティスト