Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Wee / YOU CAN FLY ON MY AEROPLANE

なんだかソワソワする超B級ドリーミーソウル

ウィー You Can Fly on
My Aeroplane,
Wee, 1977
なんとも艶かしい曲の数々。アルバムタイトルもなんだかイヤらしい。Wee(ウィー)の“You Can Fly on My Aeroplane”には、超B級の極上メロウが「これでもかっ」というほど詰まっている。

Weeというのはジャケット上の女性の愛称かと思ったが、実はユニット名。グループの中心はNorman Whiteside(ノーマン・ホワイトサイド)というとんでもなくガラの悪い男。犯罪歴は数知れず、人生のかなりの期間を塀の中で過ごし、Weeにも後から入って、乗っ取ったらしい。ジェームス・ブラウンとボビー・バードの逸話にも似た経歴だが、ノーマン・ホワイトサイドが目指す音はJBとは全く正反対の大人ソウル。このアルバムは無名のアーティストにも関わらず、全権はノーマン・ホワイトサイドに委ねられていたらしい(相当の圧力をかけたのかもしれないが)。

一聴したところロバータ・フラックの“I’m The One”的な甘いサウンドでもある。だが決定的な違いはやはり品格。超一流ミュージシャンが奏でるロバータ・フラックの上品な音に比べ、ウィーの音には、うらぶれた空気感が隅々にまで染み渡っている。しかしながら、“You Can Fly on My Aeroplane”の長所はまさしくココ。この音は超一流には出せるはずがないのだ。超極悪男が才能の全てを振り絞った超B級のドリーミーソウルをご堪能あれ。

Producer: Willam Muller, Norman Whiteside
1977年





You Can Fly on My Aeroplane - Wee
関連アーティスト