Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Roberta Flack / QUIET FIRE

女性芸術家としての深遠さを感じる美曲集

ロバータ・フラック Quiet Fire,
Roberta Flack, 1971
ロバータ・フラックの内面が爆発している本作。一曲一曲のクオリティが高いものの多様性がありすぎるため、アルバムとしてのまとまりには少し欠けているが、ロバータ・フラックの芸術家としての才能を知るにはもってこいのアルバム。

このアルバム“Quiet Fire”は、ビルボードのポップチャートで18位、R&Bチャート4位、ジャズチャート5位となっているように、収録曲は、自作曲以外に、サイモン&ガーファンクルの「明日に架ける橋」やキャロル・キングの“Will You Still Love Me Tomorrow”のようなポップスから、Eugene McDaniels(ユージーン・マクダニエルズ)やVan McCoy(ヴァン・マッコイ)のカバー曲まで非常に幅が広い。そして、どの曲も深く、非常に美しく仕上がっている。

異質なのは一曲目のロバータ・フラックの隠れたファンクの名曲“Go Up Moses”。彼女にしては珍しく呪術的なビートを導入しており、他の曲とはあまりマッチしないものの、この曲のグルーヴが全編底流に流れているのも理解できる。“Go Up…”以外はほぼバラードだが、単に綺麗なメロディを聴かせるのではなく、ゴスペル的であり、大地のような女性としての懐の深さも感じさせてくれ、“Quiet Fire(静かなる炎)”というアルバムタイトルはまさにピッタリ。

バックメンバーを見ると、ジャズの一流どころが大量に参加しており、これだけの超一流ミュージシャンが集まれば、高品質な曲ができるのは、当たり前といえば当たり前でもあるが、ここに音楽的知性の高い演奏家としてではなく、精神性の高い芸術家としてのロバータ・フラックが参加しているところが、他の彼女の作品と大きく違う点だろう。

Producer: Joel Dorn
1971年





Bridge Over Troubled Water - Roberta Flack
関連アーティスト