Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Les McCann & Eddie Harris / SWISS MOVEMENT

最も熱いあの曲を収録したソウル・ジャズの名盤

レスマッキャン Swiss Movement,
Les McCann &
Eddie Harris, 1969
ソウルの影響を強く受けたLes McCann(レス・マッキャン)とEddie Harris(エディ・ハリス)の共演盤“Swiss Movement”は、ジャズのことなんて何も知らなくても十分楽しめる。

このアルバムの魅力が凝縮されている曲といえば1曲目の“Compared to What”につきるだろう。この曲はEugene McDaniels(ユージン・マクダニエルズ)がRoberta Flack(ロバータ・フラック)のデビュー作のために書いたもので(プロデューサーのジョエル・ドーンはその両方に関与)、その後もあらゆるミュージシャンがカバーしている。その中でもレス・マッキャンのこのバージョンが圧倒的に熱いのではないだろうか。こんなにソウルフルな声を持っているなら、ライブだし、あと2、3曲は歌ってほしいところ。

人気テナーサックス奏者エディ・ハリスと共演したモントルー・ジャズ・フェスティバルでの、このライブアルバムは、なんとスケジュールの都合が合わず、リハーサルなしで録音されたらしい。それでも、こんな楽しくレベルの高い演奏ができるのは、やはりジャズ畑で育った人たちの底力だろう。

Producer: Nesuhi Ertegun, Joel Dorn
1969年





Compared to What - Les McCann & Eddie Harris
関連アーティスト