Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Gaturs

ニューオリンズのフィクサーが一時期結成した幻のバンド

Gaturs Gatur Bait,
Gaturs, 1971
ニューオリンズ土着のフェスティバル、マルディグラを代表するファンク集団Wild Magnolias(ワイルド・マグノリアス)の音楽的なリーダーWillie Tee(ウィリー・ティー)が、なぜか本名のWilson Turbinton(ウィルソン・タービントン)として活動するGaturs(ゲイターズ)。ワイルド・マグノリアスは、ニューオリンズならではの地元グルーヴ感満載だが、このゲイターズは、田舎者が精一杯見栄を張って垢抜けたジャズ寄りのファンクを演っているような、どこか愛おしい音を聞かせてくれる。

ウィルソン・タービントンは、1962年にすでに地元のA.F.O.レコードからウィリー・ティーとしてデビューしており、1965年にはWardell Quezergue(ワーデル・ケゼルグ)がアレンジした“Teasin’ You”がヒットしている。その後、いとこのUlis GainesとGatur Recordsを興す。そこの看板バンドとしてゲイターズは活動していた。ちなみにGaturとはGainesのGaとTurbintonのTurを取ってGaturにしたらしい。そのためゲイターズでは本名にしていたのかもしれない。また、彼はこのレーベルでウィリー・ティーの名前でもシングル盤を数枚出している。ゲイターズはほぼインストに近いが、ソロの時はしっかりと歌っているので、キャラをはっきりとさせるために本名と芸名を使い分けていたのだろう。

歌モノものんびりしたいい味を出しているが、ゲイターズの方が現代人の耳には聞きごたえがある。残された曲はあまり多くないが、どれも渋さとユルさのミックス具合が気持ちいい。代表曲の“Gatur Bait”などは、なかなか類似曲がなく、アレンジもカッコよく、ライブで体験してみたいダサ渋ファンク。“The Booger Man”は、若干Gene Harris(ジーン・ハリス)っぽくもあるが、ニューオリンズの弱小レーベルの音とは思えない。

スターとしてのウィリー・ティーを脱ぎ捨てて、ウィルソン・タービントンとして本当にやりたい音楽を追求したのが、きっとゲイターズなのだろう。






Gatur Bait - Gaturs
関連アーティスト