Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Kashmere Stage Band

アフロ高校生軍団による超絶ファンクバンド

カシミアステージバンド Zero Point,
Kashmere Stage Band,
1972
Kashmere Stage Band(カシミア・ステージ・バンド)のサウンドを少しは知っていたが、ホーンセクションが印象的で、恐ろしくファンキーなバンドだということぐらいしか知識はなかった。

ところが“Thunder Soul”というドキュメンタリー映画を知ってびっくりした。何と彼らは全員高校生で、学校のクラブ活動として恐ろしいほどの超絶ファンクを教わっていたというのだ。言ってみれば、矢口史靖の映画「スイングガールズ」の先生がトチ狂い、生徒全員アフロにしてファンクをやるようなものだ(男子も女子も生徒達のほとんどは本当にアフロにしていた。当然と言えば当然だが)。

そのトチ狂った先生というのがConrad “Prof.” Johnson(コンラッド・「教授」・ジョンソン。Conrad O. Johnson)という人物だ。彼はカシミア高校で音楽を教えていたのだが、その学校にあったビッグバンドを解体して、ファンクバンドに変えてしまったのだ。しかし、彼はもちろん狂ってはいなかった。ジョンソンを含め、このバンドの生徒はほとんどがアフリカ系アメリカ人であり、自らのルーツを音楽として表現した結果、このファンクバンドに行き着いたのだ。アフロにしていたのも、その表現のひとつであり、振り付け入りのステージパフォーマンスもプロ顔負けであったという。

こんな異端ともいえるクラブ活動だが、カシミア・ステージ・バンドは全米各地のコンペティションで賞を総なめにしたらしい。海外にも招待され、日本にもやってきている(来日時の写真を見ると、みんな笑顔で正装しているのに、イカツ過ぎて、どこからどう見ても高校生には見えない容姿だった)。

ちなみに、ジョンソン先生は、実は根っからのファンク好きではなかったようだ。彼はミュージシャンとしての実力も相当で、Count Basie(カウント・ベーシー)とも共演したことがあるぐらいのジャズ好きだったらしい。





Scorpio - Kashmere Stage Band
関連アーティスト