Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Pigbag

ポストパンクが生んだ永遠不滅のエスノファンクバンド

ピッグバッグ Dr Heckle And Mr Jive,
Pigbag, 1982
The Pop Group(ポップ・グループ)の流れをくむバンドの中で、アヴァンギャルドな要素を残しつつも、最もポップでストレートにファンクを演ったのがこのピッグバッグ。“Papa’s Got a Brand New Pigbag”のような大ヒット曲も残している。この曲名はもちろんジェームス・ブラウンの“Papa’s Got a Brand New Bag”をもじったもの。

ピッグバッグの起源は、ポップ・グループの残党が興したわけではなく、イギリス西部(ブリストルの北東)の街、チェルトナムのファッション学校に通う学生Chris Hamlin(クリス・ハムリン)が旧友等に声をかけ、結成したバンドが母体。ジャム・セッションをよくしていたというから、当初からジャズの影響は受けていたのかもしれない。

徐々にメンバーも増え、バンドとしてまとまってきたときに、ポップ・グループのベーシスト、Simon Underwood(サイモン・アンダーウッド)が脱退したというニュースを聞き、ポップ・グループの地元であるブリストルまでデモテープを持って車で向かい、本人に直談判して、加入のオファーをしたという。

ところが驚くことに全くの無名バンドのオファーを、サイモンは受け入れ、その上、彼はY Recordsの創業者Dick O’Dellまで紹介してくれ、ディックがマネージャーを務めていたThe Slits(スリッツ)のサポートが決定。ライヴ翌日にはレコーディングも決まり、この時点で正式にピッグバッグは誕生した。ちなみにバンド名はクリスがいつも持っていたボロボロの(おそらく豚革の)バッグが由来らしい。

Yレコードのポップ・グループやスリッツと同様、アフロやダブ的なアプローチは残しつつ、よりジャズファンク的なサウンドを追求したピッグバッグは、“Papa’s Got…”以外にも、“Getting Up”や“Brazil Nuts”等、今でもクラブで通用する曲を多く残している。





Papa’s Got a Brand New Pigbag - Pigbag
関連アーティスト