Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Al Green / LET’S STAY TOGETHER

文句なしの70年代サザンソウル代表作

アル グリーン Let's Stay Together,
Al Green, 1972
プロデューサーWillie Mitchell(ウィリー・ミッチェル)に発掘され、ミュージシャンとして進化していったAl Green(アル・グリーン)。70年代前半のサザンソウル界はアル・グリーンの時代といっても言い過ぎではないだろう。その彼の代表作が“Let's Stay Together”。この時期の作品はどれも素晴らしいが、本作のオススメポイントはやはりタイトル曲の“Let’s Stay Together”が入っていること。

ミッチェルから抑えて歌うことを教えられ、この作品ぐらいからグッとヴォーカリストとしてのレベルが上がっている。バックのサウンドの完成度も高い。ハイ・リズムと呼ばれるリズム・セクションは円熟度を増し、メンフィス・ホーンズもツボを抑えた演奏をしている。この時代のハイ・サウンドの特徴であるストリングスも心地いい。タイトル曲にはこうしたすべての良さが凝縮している。

「レッツ・ステイ・トゥゲザー」の大成功により、アル・グリーンはアメリカのセックス・シンボルとなり、ハイ・サウンドは70年代のサザンソウルを代表する一大勢力になった。

Producer: Willie Mitchell
1972年





Let's Stay Together - Al Green
関連アーティスト