Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Hi Records

メンフィスを代表する2大ソウル・レーベルのひとつ

ハイレコード Take Five,
Willie Mitchell
Stax Records(スタックス・レコード)と並んでメンフィスを代表するソウル・レーベルのHi Records(ハイ・レコード)。1956年創設と意外に歴史は長いが、注目されだしたのは60年代後半のこと。1961年にプロデューサー兼アーティストとして契約したWillie Mitchell(ウィリー・ミッチェル)がこのレーベルを新たな段階へと導いた。彼の実力はすでにメンフィスでは有名で、それまであか抜けないカントリー・レーベルだったハイを、モダン・ソウルのレーベルへと改革した。

ウィリー・ミッチェルのサウンドに魅せられた他のレコード会社も、彼の力を借りようと全米中から集まってきた。しかし彼はハイ所属のアーティストの育成を第一に考え、大切にした。70年代に入るとこうした努力が実り、ハイ・リズムと呼ばれるリズム・セクションが完成。独自のグルーブ感を生み出し、Al Green(アル・グリーン)、Ann Peebles(アン・ピーブルズ)、Otis Clay(オーティス・クレイ)などの大スターが誕生した。





O.V. Wright & Hi Rhythm
関連アーティスト