Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Archie Shepp / KWANZA

祝祭のためのジャズファンク

アーチー・シェップ Kwanza,
Archie Shepp, 1974
アーチー・シェップが1968年から1969年にかけて録音した作品を集めてリリースされた本作“Kwanza”。「クワンザ」とは、主にアフリカ系米国人が、クリスマス以降から新年にかけて行うお祭りのこと。ルーツであるアフリカ文化への敬意を込めて1週間を過ごし、公民権運動ともリンクすることが多かった。

普段はアフリカを強く意識するフリージャズを展開し、時には理解しづらいこともあるアーチー・シェップの作品。しかし、このアルバムでは聞くものを突き放さず、優しく包み込むようにクワンザを祝う。

約1年にわたるセッションから選曲されているため、メンバーは曲によって異なる。中にはA1 “Back Back”で最高のビートを叩き出すPretty Purdie(バーナード・プリティ・バーディ)や、Leon Thomas(レオン・トーマス)がウォウウォウ唸り、Andrew Bey(アンディ・ベイ)がピアノを担当するA2 “Spoo Pee Doo”のように、レアグルーヴ・ファンなら聞き逃せない曲も収録されている。

Producer: Ed Mitchel, Bob Thiele
1974年





Back Back - Archie Shepp
関連アーティスト