Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ


Black Renaissance / BODY, MIND AND SPIRIT

日本から流出した極上スピリチュアル・ジャズ

ブラック・ルネッサンス Body, Mind and Spirit,
Black Renaissance, 1976
どういう経緯か録音テープが日本で少数のみプレスされ(しかもマスターテープやアーティストの承諾なしで)、アメリカではリリースされなかったという、曰く付きの作品。かつては世界中のマニアが血眼で探したという。アメリカでリリースされなかった理由が全くわからないほど、クオリティは非常に高い。

アーティスト名はブラック・ルネッサンス。これは事実上ハリー・ウィテカーが仕事の合間に活動していたプロジェクト。彼はEugene McDaniels(ユージン・マクダニエルズ)やRoberta Flack(ロバータ・フラック)のアレンジや、Roy Ayers Ubiquity(ロイ・エアーズ・ユビキティ)のキーボーディストとして知られている人物。ユビキティの代表曲のひとつ“We Live in Brooklyn Baby”は彼の曲。

曲は両面1曲ずつしか入っていないが、どちらもスーパー級の出来。ロイ・エアーズ・ユビキティをさらにドープにしたような最高のスピリチュアルなジャズで、ビシビシ決まるBuster Williams(バスター・ウィリアムス)のベースが気持ちいい。リーダー作がこれしかないのが信じられない。

時代の先を行き過ぎた名作ということか…。

Producer: Harry Whitaker
1976年





Black Renaissance - Black Renaissance
関連アーティスト