Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Bloodstone / NATURAL HIGH

タランティーノのお墨付きの「ナチュラル・ハイ」な作品

ブラッドストーン Natural High,
Bloodstone, 1973
前身は60年代から活動するドゥーワップグループだけあって、幅広いタイプの曲を歌いこなすBloodstone(ブラッドストーン)。楽器を持つようになっても、それぞれがヴォーカルや作曲を担当しており、それがブラッドストーンの魅力のひとつになっている。

メンバーはアメリカ人だがデビューはロンドンで果たしている。このセカンドアルバム“Natural High”では、米国に戻って録音しているが、プロデューサーがイギリス人のMike Vernon(マイク・ヴァーノン)なので、英国の影響をかなり感じる音づくりになっている。ちなみにマイク・ヴァーノンは、英国ブルースの名盤、John Mayall with Eric Clapton(ジョン・メイオール・ウィズ・エリック・クラプトン)の“Blues Breakers with Eric Clapton”や、初期のDavid Bowie(デヴィッド・ボウイ)の曲をプロデュースをした超有名人。

聞きようによってはSky High Productions(スカイ・ハイ・プロダクションズ)のサウンドのようでもあり、サイケなアレンジもあり、そこに甘いヴォーカルが乗っかるのだから、贅沢といえば贅沢だ。昔のソウルファンは、この英国っぽさや雑多感をあまり好まなかったようだが、今なら十分に評価されてもいいだろう。

オススメのトラックは、メローダンサーなら“You Know We’ve Learned”や“That’s the Way We Make Our Music”、スウィートソウルなら“Who Has the Last Laugh Now”、“Natural High”。

タランティーノの「ジャッキー・ブラウン」にタイトル曲の“Natural High”が使われた。

Producer: Mike Vernon
1973年





Natural High - Bloodstone
関連アーティスト