Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Brothers Johnson / BLAM!!

スーパーヘビー級のベースが炸裂!

ブラザーズ・ジョンソン Blam!!,
Brothers Johnson, 1978
マイケル・ジャクソンの“Off the Wall”を始めとするクインシー・ジョーンズが手がけた70年代後半以降の作品の中で、最もハードなファンクを収録したのが、ブラザーズ・ジョンソンの“Blam!!”だ。A1 “Ain’t We Funkin’ Now”で唸るLouis Johnson(ルイス・ジョンソン)のベースは、ファンク史上に残る名演といえる。ちなみにマイケルの“Off the Wall”で印象的なベースラインを残しているのも彼。

ブラザーズ・ジョンソンは、ファンクばかりに偏らず、メロウなサイドでも魅せてくれる。前作“Right On Time”でもShuggie Otis(シュギー・オーティス)の“Strawberry Letter 23”の見事のカバーを聞かせてくれたが、本作でも“So Won’t You Stay”や“Blam!!”は、聞きごたえ十分。また、“Street Wave”ではジャズ系アーティスト顔負けのスペーシーなインストを披露している。

クインシーが絡んだ作品ではお馴染みの、バックの面々も凄い。ドラムではHarvey Mazon(ハーヴィー・メイソン)、キーボードでRichard Tee(リチャード・ティー)、ギターLarry Carlton(ラリー・カールトン)、シンセではTotoのSteve Porcaro(スティーヴ・ポーカロ)やDavid Foster(デイヴィッド・フォスター)と挙げればきりがない。

Producer: Quincy Jones
1978年





Ain't We Funkin' Now - Brothers Johnson
関連アーティスト