Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Bullet (Alan Tew) / THE HANGED MAN (O.S.T.)

ヤバ臭プンプンのエセ・ブラックスプロイテーション

The Hanged Man The Hanged Man,
Bullet, 1975
英国の犯罪サスペンスドラマ“The Hanged Man”のサウンドトラック。ドラマは復讐のために死んだと見せかけて、真相を突き止めようとする執念の男の話。演奏は“Played by Bullet”とあるが、実際はテレビドラマ等の作曲を手がけていたAlan Tew(アラン・テュー)のユニット。音は70年代的胡散臭さがプンプン臭うような怪しさ。しかし、どの曲もクオリティが高く、Isaac Hayes(アイザック・ヘイズ)やRoy Ayers(ロイ・エアーズ)のブラックスプロイテーション映画サントラに、英国的なジャズ・ロックのスパイスを少しまぶしたようなオイシイ仕上がり。

ブレイク・ビーツ・ネタも満載でジェイ・Zが“Come And Get Me ”使った“Contract Man”を始め、収録曲があらゆるアーティストにサンプリングされている。

1975年





The Heist (from The Hanged Man)
関連アーティスト