Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Charles Tyler / SAGA OF THE OUTLAWS

脳細胞が踊るフリージャズ

チャールズ タイラー Saga of the Outlaws,
Charles Tyler, 1978
たった一曲だけを収録したチャールズ・タイラーの代表作“Saga of the Outlaws”。印象的な2人のベーシストのコントラストとSteve Reid(スティーヴ・リード)の太古のリズムを想起させるドラム。スティーヴ・リードがいることで、このフリージャズに躍動感が加わり、ダンスミュージックのようにも感じる。

フリージャズというと、時には意味不明な作品もあるが、チャールズ・タイラーのこのアルバムは、全体が映画のような流れを感じる。演者の感情がストレートに伝わるため、ストーリー性のあるスピリチュアル・ジャズとして聞いた方が、素直に心に入るかもしれない。

チャールズ・タイラーはAlbert Ayler(アルバート・アイラー)と出会ったことで開眼し、その後、Ornett Coleman(オーネット・コールマン)とも共演。そしてタイラーとベースのJohn Ore(ジョン・オア)は、この作品の後、Sun Ra(サン・ラ)とも共演している。つまり、彼の人生は常にジャズの革命児とともにあったのだ。

この時代のフリージャズ系ミュージシャンは、ポストパンク期の英国人アーティストにも間違いなく大きな影響を与えている。

Producer: Chuck Nessa, Michael Cuscuna
1978年





Charles Tyler 1977 Live In Europe
関連アーティスト