Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Elvin Jones / POLY-CURRENTS

原始的なのにクールにうねるリズム

エルビン・ジョーンズ Poly-Currents,
Elvin Jones, 1969
マイルス・デイヴィス、ソニー・ロリンズ、チャールズ・ミンガス、ジョン・コルトレーンと、超スーパーなジャズミュージシャンと演奏を共にしたドラマーのエルビン・ジョーンズ。

このアルバムの聴きどころは、やはり穏やかにうねるリズム。エルビン・ジョーンズの超人プレイと一体化したようなCandido Camero(キャンディド・キャメロ)のコンガは、キューバ出身らしいうねりを生み出すが、全体としては瞑想のようなクールさを感じる。1曲目“Agenda”のイントロの二人の絡みだけで心を掴まれてしまう。Joe Farrell(ジョー・ファレル)のイングリッシュ・ホーンも印象的。アフロとラテンがミックスしたような自由なリズムとホーンセクションの相性がすごくいい。ちなみにB1 “Mr. Jones”を書いたのは妻である日本人のケイコ・ジョーンズ。ジャケットに写っている女性が彼女。

一聴しただけでは聞き逃してしまいそうだが、聞けば聞くほど味わい深く感じる作品。コードを奏でる楽器を廃したこの時代のジャズは、中毒性が高い。リズム狂は必聴。

Producer: Francis Wolff
1969年





Agenda - Elvin Jones
関連アーティスト