Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Lee Moses / TIME AND PLACE

ディープソウル界の隠れた大砲

Lee Moses Time and Place,
Lee Moses, 1971
リー・モーゼスの“Time and Place”については全くノーマークで、無の状態で初めて聴いたときには、そのパワフルでソウルフルなヴォーカルと、彼の声をそのままギターに置き換えたようなプレースタイルに度肝を抜かれた。おそらく、一般的にはほぼ無名といってもいいと思うが、ソウルファンのみならず、ロックファンも絶対に聞いて損はしないアーティスト。

アトランタ出身のアーティストで、ニューヨークに移ってからは、ギターの腕を活かしてセッション・ミュージシャンとして活動しながら、ソロデビューに至っている。

彼のギタースタイルはどちらかというとロックに近く、ソウルの王道から逸脱した作風が何曲か収録されているのがいけなかったのか、セールス的には全くふるわなかった。しかし「人並外れた才能を持つ」とはそういうことだ。どの曲も彼の才能が溢れており、ソウル史に残る曲の数々といっても大げさではない。駄作が全くないのだ。“Time and Place”、“Free at Last”、“Would You Give Up Everything”のようなレイドバックした雰囲気の曲は抜群の出来であり、バラードの“My Adrable One”も素晴らしい。オリジナルLP未収録曲を集めた再発版も文句のつけようがない(買うならむしろこっちをオススメ)。アルバムにはOhio Players(オハイオ・プレイヤーズ)のメンバーも参加しているらしい。この人が全く売れなかったなんて、神様は残酷だ。

半世紀も過ぎれば、そろそろ彼に正当な評価が下ってもいいだろう。サザンソウル、ファンク、ロックと多様な要素を持つリー・モーゼズの才能は奥深い。

Producer: Johnny Brantley
1971年





Time and Place - Lee Moses
関連アーティスト