Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Madeline Bell / DOIN’ THINGS

モッズ風味の極楽ソウル

マデリンベル Doin' Things,
Madeline Bell, 1969
P. P. Arnold(P.P. アーノルド)のように、アメリカ人でありながらイギリスで成功したマデリン・ベル。Dusty Springfield(ダスティ・スプリングフィールド)のバックコーラスをしている時に、プロデューサーのJohn Franz(ジョン・フランツ)にその才能を見いだされる。

この“Doin’ Things”では、60年代英国発のソウルらしく、ロックやポップスのテイストも取り入れ、モッズ風味のサウンド作りがされている。ダスティ・スプリングフィールド風からP.P. アーノルド、初期のローリングストーンズやモータウンのような曲もあり、ソウルの汗臭さのようなものはそれほど感じないが、60年代のロンドンらしい上品で上質なサウンドに仕上がっている。

オススメはUKモノのノーザンソウルが好きな人ならきっと気に入るA1 “Help Yourself”。3曲目のユルいグルーヴが気持ちいい“Doin’ Things Together with You”を書いたのはVan McCoy(ヴァン・マッコイ)。彼は1972年に“Soul Improvisations”というこれまたユルい名作を残しているが、“Doin’…”はこれに負けないぐらいカッコいい。A5の“For Your Pleasure”はGeorgie Fame(ジョージィ・フェイム)作。ジョージィ・フェイムらしいセンス溢れる展開の曲だ。

ちなみにこのアルバムで小気味の良いベースを弾いているのはLed Zeppelin(レッド・ツェッペリン)加入前のJohn Paul Jones(ジョン・ポール・ジョーンズ)。B1の“Hold It”は彼の曲。

Producer: John Franz
1969年





Help Yourself - Madeline Bell
関連アーティスト