Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Paul Kelly / DON’T BURN ME

サザンソウルの隠れた大物、渾身の一枚

ポール ケリー Don't Burn Me,
Paul Kelly, 1973
チョーありふれた名前が影響してか、相当な実力者にもかかわらず、ソウル史の表舞台にはあまり登場しないポール・ケリー。

マイアミ生まれのポール・ケリーは、Clarence Reid(クラレンス・リード)が率いていたグループThe Del-Miresに誘われ、1963年にプロとしてデビューしている。1965年にはクラレンス・リードの曲でソロデビューも果たしている。

出世作となったのは1970年リリースの“Stealing in the Name of the Lord”。プロデューサーは本作『ドント・バーン・ミー』でも共に仕事をしているバディ・キレン。この曲は元々ポール・ケリーがサム&デイヴのために書いたものだが、牧師をからかうような歌詞が嫌われ、やむなく自分で歌うことになったらしい。だが、結局これが功を奏して、生涯を代表する一曲になった。

『ドント・バーン・ミー』は、全曲ポール・ケリーの自作曲で構成。彼のヴォーカルも円熟期を迎えている。バディ・キレンの趣味もあってか録音はナッシュビル、サザンソウルとカントリーが絶妙のバランスでミックスされている。ギターでStax Records(スタックス)初期の功労者で、伝説のスタジオ、アメリカン・サウンド・スタジオ創設者のChips Moman(チップス・モーマン)が参加。

Producer: Buddy Killen
1973年





Come Lay Some Lovin’ On Me - Paul Kelly
関連アーティスト