Twitter Facebook

ソウル&ファンク大辞典

ソウル・クラシックスの大辞典を構築中! スマホ対応なので出先でもどうぞ。

A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVW | XYZ
ABC | DEF | GHI | JKL | MNO | PQR | STU | VWXYZ
A | B | C | D | E | F | G | H | I | J | K | L | M | N | O | P | Q | R | S | T | UVWXYZ

Ramp / COME INTO KNOWLEDGE

「ほぼ」ロイ・エアーズのミュージック・プロダクション

RAMP Come Into Knowledge,
Ramp, 1977
女性ヴォーカル2名を擁する5人組バンドのRamp。しかし、バンド名のRAMPは、Roy Ayers Music Productionの頭文字から取られており、メンバーではないものの、ほぼロイ・エアーズの別名ユニットといっても差し支えない。曲もほぼロイ・エアーズの手によるもので、一部は共同プロデューサーに名を連ねるEdwin Birdsong(エドウィン・バードソング)とWilliam Allen(ウィリアム・アレン)も手伝っている。

サウンドもほぼロイ・エアーズだが、ヴォーカルがより強調されているため、ソウル寄りの曲が多い。だがよくあるジャジーなソウルというわけではなく、ジャズ的なリズムが施しているため聞き応えもある。

“Daylight”は、ア・トライブ・コールド・クエストやコモンにサンプリングされ、タイトル曲はエリカ・バドゥにカバーされた。

ロイ・エアーズの再評価とともに、Rampも注目されるようになり、一時はマニアが躍起になって探した一枚でもある。

Producer: Roy Ayers, Edwin Birdsong, William Allen
1977年





Come Into Knowledge - Ramp
関連アーティスト